食用油原料、軒並み上昇 シカゴ大豆3年7カ月ぶり高値

2012/4/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食用油の原料となる大豆、菜種、パーム(アブラヤシ)の国際相場が軒並み上昇している。大豆は指標のシカゴ先物が24日、約3年7カ月ぶりの高値をつけた。菜種も主産地カナダの先物相場が3年9カ月ぶりの高値圏にある。南米の大豆の不作がきっかけとなり、中国の需要拡大が拍車をかけた。国内の食用油価格も加工食品向けや業務用を中心に上昇が避けられない見通しだ。

大豆のシカゴ先物(期近)の24日終値は前日比1.7%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]