2018年1月23日(火)

濃度20倍の抗がん剤、副作用抑える投与法 岡山理科大など

2012/4/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 岡山理科大学の浜田博喜教授と岡山大学の研究チームは、抗がん剤を従来の20倍という高濃度でがん細胞にだけ届ける薬物送達システム(DDS)を開発した。副作用を抑え、治療効果も期待できる。今秋にも企業と組んで臨床試験(治験)を始める計画だ。

 リポソームと呼ぶ微小カプセルを使う。直径は160~180ナノ(ナノは10億分の1)メートル。界面活性剤を加えながら、抗がん剤「タキソール」をカプセルに包むと、1ミ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

浜田博喜DDS岡山理科大学抗がん剤治験



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報