被災地の中小水産加工会社が反攻 販路開拓や新商品開発

2012/4/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災による津波被害を受けた東北の中小水産加工各社が経営再建に向けた動きを本格化させている。新たな販路を開拓したり新商品を開発したりして、震災で大きく落ち込んだ売上高の回復を図る。水産加工業は東北の太平洋沿岸部の主要産業。その動向が地域経済や雇用に与える影響は大きい。中小各社の再建スピードは被災地の復興をも左右する。

近藤商店(岩手県釜石市、近藤利明代表取締役)は海外に本格進出する。かつて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]