子ども医療、首都圏で無料化相次ぐ ばらまき批判も - 日本経済新聞
/

子ども医療、首都圏で無料化相次ぐ ばらまき批判も

首都圏で子どもの医療費を無料にする自治体が増えている。財政が豊かな東京23区が中学3年生まで無料にし、行政の横並び意識もあり、追随する市町村が広がっている。高校生まで無料にする例も出てきた。ただ、財政負担が重く、「ばらまき」との批判もある。子育ての支援策をどこまですべきか議論する時期に来ている。

東京都千代田区が高校3年生まで医療費を無料にして1年。従来は中学3年生までだったが、対象を拡大した。この1年で助成した高校生は延べ620人で平均治療費は約6000円。「難病の人やけがで受診する人が目立ち、小中学生の3倍近い」(子ども支援課)

医療費は原則、3割を本人が窓口で支払い、残り7割を健康保険から拠出する。この3割分を区が助成する。2011年度は高校生向けに1800万円の助成を見込む。区内に住む主婦は「高校生の子どもが部活動でけがをしたが治療費が無料で助かった」と話す。

とりあえず来院

同区は保育所の定員増や妊婦への4万5000円の手当など、手厚い子育て支援策を実施してきた。医療費無料化対象の拡大もその一環。こうした政策もあり、区内の子どもは増加している。14歳以下の人口は5600人とこの10年間で1200人増えた。

23区では08年度までにすべての区で中学3年生まで医療費を無料にした。当初は一部の区だけだったが、横並び意識もあり、数年で全区に広がった。都市部では家賃が高いなど子育ての負担が大きく、これを支援するのが目的だが、親の所得制限がないこともあり、「やりすぎ」との批判も少なくない。

ほかの問題も指摘されている。都内のある小児科医は「無料のため、たいした症状でなくても、とりあえず来院する人もいる」と漏らす。安易な診療が医療費の増大を招くうえ、病院が混雑して本当に診療が必要な人が不便になるというのだ。

それでも追随する自治体が相次いだ。首都圏の市町村は23区に近いため、どうしても意識せざるをえない。首長が選挙公約の目玉に掲げることもある。武蔵野市、さいたま市などが23区と同じように中学3年まで無料にした。川口市も10月から実施する。年間支出は10億円以上増えるが「旧鳩ケ谷市との合併で得られる経費削減分を財源にする」と説明する。

千葉県市川市も昨年4月に制度を拡充した。ただ、無料にするのではなく、診療1回につき自己負担を300円とし、小中学生には親の所得制限も設けた。「一定の自己負担を残すことで安易な診療を防ぐ」という。

競うように拡充している医療費助成だが、23区でも税収の低迷で財政が悪化しており、見直し機運が出てきた。

見直しには賛否

世田谷区は昨年9月、行政経営改革計画の素案で子ども医療費助成の見直しを打ち出した。同区は06年12月、無料対象を拡大。小学3年生までだったのを中学3年生までにした。05年度に20億円だった区の負担は12年度は36億円に膨らむ見通し。「受益と負担のあり方を見直す必要がある」(政策経営部)と判断した。

この方針を打ち出すと区民から1カ月足らずで50件以上の意見が寄せられた。「年収に関係なく最低でも1割は負担すべきだ」「子供にかかるお金は削るべきではない」。賛否は拮抗している。

財政負担から助成の大幅な拡充に慎重な自治体もある。横浜市は未就学児までだった助成対象を10月から広げるが、小学1年生までにとどめた。「中学生まで助成するのは今の財政状況では難しい」(健康福祉局)

ただ、一度始めた助成を廃止するのは容易ではない。目黒区は子供の医療費助成の見直しを一度は検討したが「区民生活への影響が大きい」との理由で、緊急財政対策に盛り込むのを見送った。

「子ども医療費無料化」は住民にわかりやすく、保護者の受けもいい。ただ、それだけでは継続する理由にならない。本当に必要なのか政策の精査が迫られている。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません