/

この記事は会員限定です

大阪・泉佐野、市の名前売却の方針 財源確保に

[有料会員限定]

大阪府泉佐野市が財政難に伴う歳入確保策の一環として、市の名称の命名権(ネーミングライツ)を売却する方針であることが21日、分かった。民間企業から要望があれば、市庁舎や公共施設、道路などを含めた命名権を売却する方針。

自治体名の売却について総務省では「聞いたことがない」としている。

募集期間は6~11月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン