2019年6月24日(月)

世界最速の分子構造解析装置 エス・ティ・ジャパン

2012/3/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

分析機器メーカーのエス・ティ・ジャパン(東京・中央、中川孝郎社長)は物質に光を当て反射光の波長から分子構造を調べるラマンイメージング装置の新製品を4月に発売する。計測時間を従来の100分の1以下と世界最速に縮めた。多色刷りの錦絵の顔料分析など文化財の保護や修復に利用できるほか、医療分野でも応用を目指す。

開発は科学技術振興機構(JST)の「先端計測分析技術・機器開発プログラム」に採用され、埼玉大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報