/

シンガポール・テレコム、米モバイル広告企業を買収

東南アジア最大の通信会社、シンガポール・テレコムは5日、米モバイル広告システム、アモビーの全株式を3億2100万米ドルで買収すると発表した。アジア新興市場で成長が期待できるスマートフォン(高機能携帯電話)などを通じたモバイル広告・マーケティング事業に参入する。手続きは6月に終了する見込み。

同社はインド、インドネシアなどアジア新興国の携帯通信会社に出資しており、関連会社も含め4億人超の加入者を抱える。これらの顧客を対象に、ゲームなどスマートフォン向けコンテンツを通して広告を提供する。

これまで縦割りだった社内組織も4月に改革し、域内で横断的なサービスを提供できる体制をつくることも同時に発表した。(シンガポール支局)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン