/

この記事は会員限定です

総合科技会議、活動を再開へ 国会が人事承認

[有料会員限定]

2カ月近く本会議が開けない異例の事態が続いていた総合科学技術会議(議長・野田佳彦首相)が、活動を再開する。科学技術政策の司令塔を担うが、昨年の臨時国会で議員の人事案が時間切れから議決されず、休眠状態に陥っていた。1日の衆院本会議などでようやく可決し、近く首相が3議員に辞令を交付する。東日本大震災の復興再生計画や2013年度予算案概算要求に向けた議論が滞りつつあった。

平野俊夫・大阪大学長、青木玲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン