/

この記事は会員限定です

味の素・キユーピー…「アジア好み」の食品開発

[有料会員限定]

大手食品メーカーがアジアの現地向け商品の開発を強化する。ロッテは年内にも東南アジア向けに低価格の菓子を売り出し、2013年にはタイに開発拠点を置く。味の素は手軽に試せる小分け商品を拡販し、キユーピーやキッコーマンは甘い風味の商品に力を入れる。現地の需要に合わせた商品を日本流のきめ細かさで開発し、市場を開拓していく。

ロッテが東南アジアで投入する現地ブランドの菓子は、日本国内で30~40年前に販売し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン