2019年7月22日(月)

福島第1、保安院検査で数件不備 配管の凍結防止策など

2012/2/25付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省原子力安全・保安院は24日、東京電力福島第1原子力発電所の保安検査を終えたと発表した。配管の凍結防止策や2号機への注水量増加など5項目程度の不備が見つかった。今後、保安規定に違反するか精査する。不備の件数は増減する可能性がある。2週間後をメドに報告書をまとめ、国の原子力安全委員会に提出する。

保安検査は6~24日に実施した。昨年末に宣言した「冷温停止状態」の安定維持に必要な設備や監視体制が整っているかを確認するのが目的。保安体制や手順書に不備が見つかった。

2号機の圧力容器底部の温度計が故障し、温度の急上昇を示すデータが得られた件も調べた。温度上昇が確認された時点から監視の強化など適切な対応がとられたが、注水量を増やした際に口頭連絡のみで、文書での通知を怠ったという。

東電は24日、2号機の圧力容器の温度計41個のうち9個目の故障が見つかったと発表した。保安院は温度監視の代替手段の作業計画を3月1日までに報告するよう東電に指示した。23日には2号機の圧力容器底部で温度計の1つが上昇したが、現在は安定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。