/

この記事は会員限定です

希少疾患の薬、相次ぎ開発 ファイザーや第一三共

[有料会員限定]

製薬各社は患者数が少ない病気に使う医療用医薬品を相次ぎ開発する。米ファイザーや大日本住友製薬などは2月中にも小児の高血圧治療薬の承認を申請し、第一三共は耐性を持つ結核菌に対応できる抗菌薬を5月末までに申請する。薬の公定価格を維持できる国の新制度の後押しを受け、売上高は小さいが要望の強い未承認薬を開発、対処しにくかった病気の治療での選択肢を広げる。

ファイザー日本法人や塩野義製薬、大日本住友製薬など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン