/

この記事は会員限定です

明快な権利許諾、個人の2次創作促す 初音ミク増殖

無償公開など明文化

[有料会員限定]

初音ミクによる創作が大きく広がったのは、キャラクターを個人ユーザーが安心して使えるような明快な権利許諾の仕組みがあったためだ。個人の創作力を引き出す手法として、米マイクロソフトなど、他の企業も同様の手法を採用し始めた。

従来のキャラクターの版権は、第三者による複製品の販売などを防ぐために、自宅で絵を描くようなごく私的な範囲以外の利用を認めていなかった。

しかし初音ミクに関してクリプトン・フューチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン