/

「八王子の顔」28年に幕 そごう閉店、秋にはJR系がSC

閉店売りつくしセールの最終日で店内は混雑した(31日)

東京都八王子市の商業の核として八王子駅北口で28年にわたり営業してきた「そごう八王子店」が31日、閉店した。一時は山梨県からも買い物客を集めたが、立川や吉祥寺など沿線の商業集積地との競争が激化し、ここ3年は売り上げが低迷していた。同店の後には今秋、新しいショッピングセンター(SC)が開業する。

そごう閉店により、八王子駅周辺には百貨店がなくなる。地元では商業の地盤沈下や街のイメージ低下を懸念する声は強い。八王子市が別の百貨店の誘致に動いたり、八王子商工会議所が営業存続を求める署名運動をしたりしたが、いずれもうまくいかなかった。

同店の後にはJR東京西駅ビル開発(東京都八王子市)が今秋、直営SCを開く。八王子駅南口で営業する同社の商業施設「セレオ八王子」と統合する計画で、延べ床面積は9万平方メートルを超え、JR東日本グループの駅ビルで最大級の商業施設となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン