/

この記事は会員限定です

自転車事故防止へ独自ルール 一方通行など実験

[有料会員限定]

自転車事故を少しでも減らそうと、自転車走行の独自ルールを定める実験が各地で相次いでいる。「自転車は車道」が原則だが、道路が狭い日本では安全に車道を走れる場所が少ない。時間を区切って歩道を一方通行で走らせたり、路肩を広げたりと、地域の事情を踏まえた取り組みに知恵を絞っている。

午前7時、相模原市中央区。市役所に近い長さ460メートルの道路に警官がぽつぽつと並び出した。車道の左右には幅4メートルの歩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン