/

この記事は会員限定です

富士通セミコン、パワー半導体に参入 EVの需要開拓

[有料会員限定]

富士通子会社の富士通セミコンダクターはパワー半導体事業に参入する。次世代素材を使い電気を無駄なく操れる高性能品を開発した。2013年4月から福島県の工場で量産する。いち早く次世代品を実用化し、電子機器だけでなく電気自動車(EV)など成長する環境分野の需要を開拓。システムLSI(大規模集積回路)などに次ぐ中核事業に育てる。15年度までに売上高100億円超を目指す。

富士通セミコンのパワー半導体は窒化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン