米ロ核軍縮に3つの壁 新START発効から1年

2012/1/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国とロシアの核軍縮が壁に突き当たっている。新たな戦略核兵器削減条約(新START)が昨年2月に発効してから間もなく1年。国際社会には米ロの更なる核軍縮への期待もあるが、両国間の不信に加え「中国の核兵器の存在感増大」という難題も浮上しているためだ。今年は両国で大統領選もあり、核軍縮が一段と進む展開は望みにくいのが実情だ。

新STARTは、米ロの配備済み戦略核弾頭の上限を史上最低の各1550発まで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]