豊田通商、アルゼンチンでリチウム採掘 13年から

2011/12/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

豊田通商は2013年からアルゼンチンで、ハイブリッド車(HV)などエコカーに搭載する電池の材料に使うリチウムの採掘を始める。総事業費は約2億ドル(約150億円)。オーストラリアの鉱山会社であるオロコブレと合弁会社を設立し、年1万6400トンを採掘する。全量を豊田通商が引き取り、トヨタ自動車などに供給する。

豊田通商は10年、アルゼンチン北西部のオラロス塩湖にあるリチウムの開発権益を取得した。事業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]