/

「監査」のあり方、調査会で検討へ 公認会計士協

日本公認会計士協会は27日、会計監査や企業統治のあり方について検討する調査会を設置すると発表した。オリンパスや大王製紙の不祥事を受け、資本市場の信頼性を保つうえでの制度上の課題などを点検する。

山崎彰三会長の諮問機関として、外部有識者らで作る「監査制度充実強化調査会」を来年1月をめどに発足する。監査や企業統治に関連する法律や監査指針の改定について提言を打ち出すことも検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン