/

帝国ホテルが初のエキナカ店 東京駅、期間限定で洋菓子販売

帝国ホテル(東京・千代田)はJR東京駅構内のエキナカ商業施設に、ホテルで人気のケーキやチョコレートを販売する店舗を開いた。2012年1月9日までの期間限定。年末年始の帰省などで東京駅を利用する人の土産需要を見込む。

同ホテルが駅構内に出店するのは初めて。JR東京駅改札内1階の「グランスタ ダイニング」内で午前6時半~午後10時半まで営業する。販売するのは抹茶のケーキ「テ・ヴェール」やチョコレート「グランデ」など11種。中心価格は1500~3000円程度で、期間中に約1200万円の売り上げを目指す。

同ホテルが販売する贈答用の焼き菓子などは人気が高く、昨年4月にはインターネットのショッピングサイトも開設した。帰省に合わせてエキナカで販売することで、商品のPRにもつなげる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン