/

この記事は会員限定です

進化する医療用ロボ 脳手術の「すご腕助手」に

[有料会員限定]

脳外科手術にロボットが立ち会う時代がやってきた。緻密な作業が得意で、疲れを知らない。超小型の装置を体内の奥深くに送り込み、遠隔操作する研究も始まっている。高い安全性が求められる医療現場への応用は慎重論も根強いが、外科医のパートナーを目指して日々進化している。

5日午前、名古屋大学医学部付属病院(名古屋市)。ひんやりとした手術室。ベッドの頭部側には、白くて丸みのあるロボットアームが取り付けられてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン