/

この記事は会員限定です

「環境都市」に国産OS 「トロン」東大・富士通など海外展開

[有料会員限定]

東京大学、神奈川県、富士通など産官学が環境配慮型都市「スマートシティ」向けに国産基本ソフト(OS)「トロン」の応用を進める。トロンの推進団体が近く、欧州の政府系研究機関や企業などと新組織を設立し、スマートシティに必要なセンサーにトロン関連技術の活用を図る。欧州勢と組むことで世界標準を確立できれば、トロンの利用実績が豊富な日本企業にとって商機が広がりそうだ。

神奈川県、富士通、日立製作所、ソニーなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン