慶大、メモリーカードに無線で電力供給

2011/11/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

慶応義塾大学の黒田忠広教授と石黒仁揮准教授らは、デジタルカメラや携帯電話に幅広く使われるSDカードなどのメモリーカードに、無線でデータの送受信や電力供給ができる技術を開発した。電力・データとも無線化すれば、メモリーカードの金属端子が省ける。摩耗による劣化が防げるうえ、静電気による破壊防止回路も不要になる。故障しにくくなり完全防水化も容易だ。3年後の実用化を目指す。

研究チームはすでにデータの送受…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]