住友商事、中国で食肉合弁会社設立 日系食品加工などに出荷

2011/11/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友商事は中国の農牧大手である新希望集団グループの四川新希望農業(四川省)と食肉合弁会社を設立する。主に豚肉を加工し中国国内の日系食品加工業者や外食産業向けに出荷する。中国では高品質な食肉の需要が高まっている。住友商事は日本の高い品質管理技術で需要を取り込み、早ければ5年後に年間100億円の売上高を目指す。

合弁会社、北京新友食品を2012年3月に設立。資本金は2000万元(約2億4500万円)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]