食用ラード卸値、5カ月ぶり上昇 原料高で4%

2011/11/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

とんかつやフライなどに使う食用ラードが約5カ月ぶりに値上がりし、一次卸価格は1缶(15キロ入り)2955円前後と125円(4%)高くなった。原料の豚脂や牛脂の価格上昇が主因。ラードを入れる一斗缶など包装資材が値上がりしているのも影響した。

ミヨシ油脂など油脂大手は生脂業者(レンダラー)から豚脂や牛脂を仕入れている。東日本大震災後に豚や牛の処理量が減り、副産物の豚脂な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]