/

この記事は会員限定です

今年のインフル予防、ワクチン供給遅れの懸念

別タイプがはやる可能性も

[有料会員限定]

インフルエンザの季節が近づいてきた。重症化などを防ぐワクチン接種も始まった。ワクチンは専門家が流行するタイプを予測し製造しているが、別タイプがはやる可能性もある。今年はメーカーで製造不良が発生し、ワクチン入荷が遅れている医療機関もあり、関係者は気をもんでいる。

インフルエンザのウイルスのうち、A型とB型が主に流行の原因になる。各型のウイルス表面にある糖たんぱく質の違いにより、さらに多くの「亜型」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン