2019年9月17日(火)

カタールの淡水化プラントで優先交渉権 三菱商事など
総工費600億円

2011/10/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中東カタールが計画している同国最大級の海水淡水化プラント建設で、三菱商事などの企業グループが2012年前半の正式受注に向けた優先交渉権を獲得したことが明らかになった。総工費は約600億円で、中核設備は日立造船が建設する。正式契約に向けて日本政府もカタール当局への働きかけを強める方針で、官民を挙げて海外攻略を狙っている水インフラ受注に弾みをつけたい考えだ。

優先交渉権は9月下旬に締め切られた入札で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。