自動車税、簡素化を検討 重量・取得税廃止を要望へ

2011/9/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は22日、購入や所有にかかる自動車車体課税の大幅な簡素化と負担軽減を2012年度税制改正要望の柱とする方針を固めた。所有段階でかかる自動車重量税(国税)と購入時の自動車取得税(都道府県税)の廃止を求め、ハイブリッド車など環境対応車(エコカー)への優遇も強化する。成熟化する国内自動車市場をてこ入れし、自動車産業を国内につなぎ留める狙いがある。

現状では自動車の購入時に取得税と消費税、保有…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]