2018年11月21日(水)

動かぬ台風、前線なしでも豪雨 温暖化一因の指摘も

(1/2ページ)
2011/9/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大規模な河川の氾濫や土砂災害で深刻な被害を出した台風12号。奈良県や三重県の南部では、降水量の記録を塗り替える地点も出た。勢力だけをみると、もっと大きな台風は数多くあったが、ここまでの雨は降らなかった。様々な要因が重なったためとみられているが、地球温暖化で今回のようなケースは珍しくなくなるとの指摘もある。地域防災に新たな課題が浮上した。

「台風だけでこれだけの雨になることは非常に珍しい。驚いてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報