唾液でHIVウイルス検出 鹿児島大発ベンチャー

2011/9/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鹿児島大学発のベンチャー企業、スディックスバイオテック(鹿児島市、隅田泰生社長)は唾液からエイズウイルス(HIV)を検出する手法を開発した。唾液10ミリリットルにウイルス1粒子という低濃度でも検知できるため、ごく少量で初期感染を発見できる。今後、鹿児島大学病院などと実証実験を行い、新たな診断法として来年度の実用化を目指す。

ヒト細胞の表面は糖がつながった糖鎖で覆われている。ウイルスはこの糖鎖に吸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]