/

この記事は会員限定です

バンダイナムコ、第3子生まれた社員に200万円

[有料会員限定]

バンダイナムコホールディングスは10月から、グループ全体で育児支援制度を拡充する。第3子以降が生まれた社員には育児支援金として200万円を支給。夏休みや冬休みの期間限定で小学生の子供を東京・品川の本社で預かる「キッズルーム」も設ける。玩具メーカーとして少子化対策に積極的な姿勢を示す。

育児支援金は男女ともに受け取れるが、出産後56日以内に1週間以上の育児休暇の取得と「子育てレポート」の提出が条件。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン