2019年7月20日(土)

合繊原料、アジアで急反発 中国工場停止で供給不安

2011/8/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

合成繊維原料のパラキシレンや高純度テレフタル酸(PTA)の取引価格がアジア市場で急反発している。中国・大連市で環境問題を理由に現地のパラキシレン工場の撤退を求めるデモが8月中旬に発生。市政府の命令で工場の操業が停止し、供給不安から投機筋が中国のPTA先物市場で買い姿勢を強めた。ポリエステル繊維市況にも波及する可能性が出てきた。

指標となる東アジア地域のスポット価格は、パラキシレンが最近1カ月で約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。