/

この記事は会員限定です

あずさ監査法人、希望退職50人募集 企業への助言部門

内部統制一巡で採算悪化

[有料会員限定]

あずさ監査法人(東京・新宿)は年内に企業への助言業務を手掛けるアドバイザリー部門で、約50人の早期希望退職者を募集する。部門全体の2割強に相当する見込み。内部統制関連の助言業務などを強化してきたが、最近は採算が悪化していた。業務収入の低迷などで監査法人の収益は厳しくなっており、人件費の削減を急ぐ。

あずさは2009年に助言事業を担う子会社を本体に統合。アドバイザリー部門の陣容を200人規模まで拡大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン