創業間もない企業に支援手厚く 投資会社、資金調達指南など

2011/8/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中堅・中小の事業会社や投資会社などが創業間もない起業家の支援を多様化している。「シード」や「スタートアップ」と呼ばれる初期段階のベンチャー企業の資金調達をアドバイスしたり、低価格で施設を貸し出したりする。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)市場が拡大、ソフト開発などのビジネスが急速に増えている。若者を中心に高まる起業熱を自社の成長に取り込もうという動きだ。

中小企業支援のネクスゲート(東京・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]