伊藤園、茶系飲料好調で営業益1割超増 5~7月

2011/8/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤園の2011年5~7月期の連結営業利益は前年同期より1割余り増え、65億円強になったようだ。梅雨明けが昨年より10日近く早く、7月上旬から気温が高い日が多かったため、茶系飲料の売れ行きが好調だった。製造コストの削減も寄与した。5~10月期の会社予想の営業利益(111億円)に対し、需要が高まる8月を前に6割ほどをすでに稼いだ計算になる。

5~7月期の売上高は1030億円程度と6%増えたようだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]