/

この記事は会員限定です

原発事故賠償条約、福島事故への遡及は見込めず

[有料会員限定]

政府は米国の主導する原子力事故の損害賠償に関する国際条約に加盟する方向で調整に入ったが、すでに発生した東京電力福島第1原子力発電所の事故にさかのぼって条約を適用することはできない。「フクシマ」の事故で国境を越えた被害が生じた場合、損害賠償訴訟を日本で裁くための手立てはなく、今後、海外で巨額の損害賠償訴訟が相次ぐ恐れは消えない。

国際条約の特徴の一つが、原発事故の被害が国外に広がっても、損害賠償訴訟...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン