主婦、在宅で労働力に コールセンターやパソコン教室など

2011/7/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

主婦層に家事との両立が可能な仕事を提供しようという動きが中小企業で広がっている。結婚や出産を機に退職した主婦に、過去の経験を生かした業務を在宅で任せたり、自宅での独立開業を支援したりする。少子高齢化が進むなか、主婦の就業率向上は不可欠。東日本大震災後、在宅勤務など働き方の多様化が進み、子育てや介護などで労働条件に制約がある人でも活躍できる場が広がりつつある。

主婦を中心としたパート型人材派遣を手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]