全11頭から規制値超える放射性物質検出 福島県産牛肉

2011/7/9付
保存
共有
印刷
その他

福島県南相馬市の緊急時避難準備区域内から東京都中央卸売市場に出荷された肉牛から暫定規制値を超える放射性物質が検出された問題で都は9日、残り10頭の肉からも食品衛生法の暫定規制値の1キログラムあたり500ベクレルを上回る同1530~3200ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。肉はいずれも市場内に保管されており、流通していない。

福島県は計画的避難区域などから出荷される食肉用の家畜全頭を対象に表面の放射線量の検査を実施していたが、この検査をすり抜けたことになる。「検査していたのに放射性物質が検出されたことに驚いている」とし、出荷対応を検討している。

都は8日、南相馬市の緊急時避難準備区域内から出荷された肉牛1頭の肉から暫定規制値を超える放射性セシウムを検出したと発表。残りの10頭も検査していた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]