楽天、最終赤字330億円 1~6月期「消費者金融」売却で損失

2011/7/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

楽天の2011年1~6月期の連結最終損益は330億円程度の赤字(前年同期は171億円の黒字)となったようだ。消費者金融事業の売却に伴い、損失を計上することが響く。本業のネット通販の好調が続いているが、1~6月期としては7年ぶりの最終赤字に陥る。

同社は子会社の楽天KC(福岡市)から楽天カード事業を分離しグループ内に残したうえで、それ以外の消費者金融事業を8月に中堅ノンバンクのJトラストに売却する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]