/

この記事は会員限定です

ファナック・稲葉名誉会長「3年後に売上高1兆円」

ロボットや工作機械 生産能力を2倍に

[有料会員限定]

ファナックの稲葉清右衛門相談役名誉会長(86)は日本経済新聞に対し「3年後に連結売上高1兆円」の目標を設定したと語った。2011年3月期実績の約2.2倍という高い水準。中国やインドなどの新興国で需要が急増するとみて、ロボットや工作機械の生産能力を2倍に引き上げて売り上げを伸ばす考えだ。

稲葉氏は「人件費が上昇している中国では(工場の)自動化が進むだろう。最大の市場になる」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン