アステラス、がん事業強化 主力薬特許切れで収益源に

2011/6/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アステラス製薬は2014年度末までに5種類の抗がん剤を世界で発売する。11年度中にも日本で前立腺がん治療薬を売り出し、その後は白血病治療薬などの販売を欧米で順次始める。研究開発費も抗がん剤へ優先的に投入する。収益源だった免疫抑制剤や排尿改善薬の売上高は特許切れに伴って減少が続いており、がん事業へのシフトを鮮明にする。

20日付で就任した畑中好彦社長が27日、日本経済新聞の取材で明らかにした。同社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]