「歌の楽しさ知り俳優業にも幅」
梶芽衣子インタビュー

2011/6/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

31年ぶりにアルバムを出した心境を梶は「歌うことで俳優として違う面を出せるんじゃないかと思い直した」と語る。

かつて映画で共演し、曲の提供を受けた宇崎竜童との33年ぶりの再会が転機になった。「『歌うことに使命感を持った方がいい』と背中を押された」。収録した7曲はすべて宇崎の作曲、うち4曲が新曲だ。「このアルバムを最後にしようと思ったが『なに言ってるんだ、これがスタートなんだ』と一喝され…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]