株価守る「日銀1%ルール」 市場の依存に違和感
編集委員 清水功哉

(1/2ページ)
2011/6/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「日銀の1%ルール」――。日銀が昨年12月15日に指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れという異例の政策を始めてからほぼ半年、株式市場でこんな言葉が聞かれるようになった。東証株価指数(TOPIX)の前場終値が前日比1%超下がると、午後にETF購入による株価下支えが実施されるというのだ。

日銀の担当者は「どんな基準で買っているかは非公表」と言うが、調べてみると確かにその通りになっている。昨年12…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]