2017年11月23日(木)

ポリオ予防「不活化ワクチン」来年度にも導入 厚労省

2011/5/27付
保存
共有
印刷
その他

 ポリオ(小児まひ)の予防接種で安全性が高い「不活化ワクチン」について、厚生労働省は26日、2012年度にも国内で導入することを決めた。「ジフテリア、百日ぜき、破傷風」(DPT)と合わせた4種混合ワクチンとして、11年末にもメーカーが承認申請する見込み。ポリオ単独のワクチンも使用できるようにメーカーに働き掛ける方針。

 同日開いた同省の予防接種部会で方針が了承された。

 現在、国内ではポリオウイルスの毒性を弱めた「生ワクチン」を使っているが、400万回に1回の割合で、接種した子供や家族が感染することがある。海外ではウイルスを殺して有効成分を残した不活化ワクチンが一般的で、安全性が高い。

 ポリオ単独の不活化ワクチンも開発するのは、一部の赤ちゃんが既にDPTの3種混合を接種していて、さらに4種混合も接種するとDPTの分が過剰になるため。同省はこうした赤ちゃんが約20万人いると推計している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報