ソニーが読み違えたハッカー文化 不正侵入招いた対立構図
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2011/5/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニーの米子会社が手掛ける配信サービスがハッカーの不正侵入を受け1億件超の個人情報が流出した問題の背景には、企業とハッカーの2つの「文化」の衝突がある。システムの安全性を高めるため情報をブラックボックスにとじ込めて管理したい企業と、技術の進化はオープンな環境から生まれると考えているハッカーの間には、大きな意識の隔たりがある。ハッキングによる不正侵入は許されない違法行為だが、ソニーは米国のハッカー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]