オゾンホールの破片、日本に飛来へ 紫外線に注意
肌への影響に懸念

2011/4/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

この冬、厳寒になった北極上空で、オゾンホールの規模が過去最大に広がった。その余韻ともいえるホールの破片が4月下旬に日本上空に飛来し、太陽から降り注ぐ有害な紫外線が例年より増えそうだ。オゾンホールは出現するたびに規模が大きくなると考えられており、皮膚がんをはじめとする肌などへの影響が懸念される。

■過去最大の破壊量

オゾンホールは紫外線を食い止める成層圏のオゾン層が破壊された領域だ。北極で観測された…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]