クラウドで「防疫」マップ、農水省検討 まず口蹄疫

2011/4/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省は家畜の伝染病が発生した際に、当該自治体と発生場所などの情報を即座に共有できる「防疫マップ」を作製する方向で検討を始めた。ネット経由でシステムを利用する「クラウドコンピューティング」を使い、まず口蹄疫(こうていえき)対策で始める。口蹄疫や鳥インフルエンザなど、感染力が強く畜産業に甚大な被害を与える伝染病が多発していることに対応する。

「クラウド」はネット経由でシステムやソフトウエアを利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]