放射線量を測定、輸出品の安全証明急ぐ 首都圏企業

2011/4/14付
保存
共有
印刷
その他

福島第1原子力発電所の事故を受け、海外に商品を輸出する首都圏の企業が商品の安全証明対策に追われている。放射線量測定器を導入したり、外部の検査機関に放射線量の測定を依頼したりする動きが相次ぐ。事故の評価が国際的な尺度で最悪の「レベル7」に引き上げられるなど輸出先では放射能汚染に対する不安感が広がっており、風評被害を最小限に抑える対策を急いでいる。

地ビール「コエドビール」を製造する協同商事(埼玉県…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]