/

この記事は会員限定です

なお深刻な燃料不足、スタンド営業8~9割

東日本大震災1カ月

[有料会員限定]

被災地ではガソリンや軽油などの燃料の不足が深刻で、復旧活動を阻んでいる。震災当初は被災者救出や復旧作業にあたる人員や救援物資の輸送に支障が出たほか、避難者らの暖房用灯油も確保できなくなった。状況は改善してきたが、地域の経済活動や市民生活にはなお課題が残る。

3月11日の大震災後に発足した宮城県災害対策本部。村井嘉浩知事は会議で連日「一刻も早く燃料確保を……」と政府関係者や県庁幹部に訴え続けた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン