/

この記事は会員限定です

交通混乱・停電にも備え 事業継続計画の見直し相次ぐ

[有料会員限定]

東日本大震災を契機に事業継続計画(BCP)を見直す企業が増えている。電力不足で懸念される停電やそれに伴う交通混乱のダメージを最小限に抑えるため、企業は知恵を絞っている。

帝人は社内イントラネットへの接続方法などを改善し、非常時に東京本社(東京・千代田)や都内の子会社の管理部門の2千人強が、在宅勤務に移行できるようにする。災害や大規模な停電に備える。

帝人は震災後の3月14日から25日まで、通勤が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン