/

昭シェル、2日から八戸油槽所を再開

昭和シェル石油は青森県八戸市にあるグループ会社の油槽所が2日から出荷を再開する。当初予定より約10日前倒しとなる。首都圏の拠点から海上でガソリンを輸送し東北北部などに供給しやすくなる。

出光興産では同社の拠点で唯一機能が止まったままだった八戸油槽所(青森県八戸市)が30日から北海道製油所(北海道苫小牧市)の製品を積んだ大型タンカーの受け入れを開始。これですべての拠点が復旧した。

東北にあるエクソンモービルやコスモ石油を含む石油大手の系列給油所では、営業再開が相次ぎ震災前の7~8割が営業している。物流機能の回復を急ぎ、被災地への製品供給を円滑にする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません